子育て

育児に疲れたママに!ワンオペを乗り切るための5つのこと

こんにちは!

この記事は夫に変わって3児のワーママこと、なっちが書いていきます☆

 

ワンオペ育児で疲れたと思っても、休めないので知らず知らずのうちに無理してしまうもの。

ワンオペ育児に疲れたママに実践してみてほしい5つのことと体験談をご紹介します。

 

ワンオペ育児に疲れたママにしてほしいことと体験談5つ

 

①手抜き料理を作る

以前二児のワンオペ育児で無理を重ね入院した経験から、寝不足が続いたり、疲れたな、と思ったら、栄養が偏らない程度にしばらく手抜き料理にしたことがあります。

夫にも「また入院になるよりはいいでしょ」と手抜きでも文句を言わせない。

夫も私が入院した時ワンオペでコリゴリだと思ってるから、大人しく食べてくれますよ😅

②一時預かりに預ける

ずっと子供と過ごすのがあまりに辛くて、一時期ノイローゼになりそうになったとき、検診で自治体の一時預かりのサポート事業があると教えてもらいました。

定期的に子供を預ける日を決めて予約して自分が滅入ってしまわないように、少しだけでも子供と離れる時間を確保して予防するのもありです。

その方が子供も色々な人と関われてとても楽しそうだし、他の利用者でワンオペに疲れたママたちとも知り合いになれたし、結果的に良かったです。

③自分にとびきりのご褒美を用意する

「ワンオペ 育児で疲れたな」と思ったら月に最大2回までと決めています。

普段買えないような高級スイーツを買ったり、季節の限定や定番も全部コンプリートする楽しみもあるので、少しでもワンオペ育児の辛さを忘れウキウキ気分に浸れます。

 

④1日中、自分の好きな動画・音楽をかけて過ごしてみる

ワンオペ で疲れた心を癒したくて、リラックス音楽をかけたり、スマホで一日中ストリーミングで好きなドラマをかけたりして非日常感を味わってる。

まだ子供には動画やテレビを見せたくない月齢だから子供には見えない位置に置いてるけど。

⑤ゆっくりお風呂に入る

夫の休日に子供を見ててもらってゆっくり湯船につかるのが自分の唯一の楽しみ。

普段ワンオペ で子供と忙しなく入ってできないから、好きな入浴剤を入れて、好きな香りのボディソープを使って、温泉に行ったつもりにしています。

お風呂上がりにはノンアルのビールを飲んで、「プハーッ😆」とリフレッシュするのも醍醐味です^^

 

まとめ

育児に正解はありません。

そして育児はゴールのないマラソンのようなものです。

だからこそ迷ったり、悩んだり、空回りしたり、頑張りすぎてしまったりしますよね。

ワンオペであれば尚更自分が頑張らねば、と気が張ってしまいます。

育児ストレスで疲れた体と心を癒せるのは自分自身です。

ワンオペであってもなくても、完璧を求めず、無理しすぎず、肩の力を抜いて過ごせたらいいですね。