子育て

未就園児でママ友がいないけど大丈夫?ママ友の作り方

公園に遊びに行ったときに、小さなお子さんを連れたママさん同士が遊びに来ている光景を目にして、「私にはママ友がいないな…」と落ち込んでいる未就園児のママは多いのではないでしょうか。

そんなママのために、未就園児のママの、ママ友のつくり方についてお話していきます。

未就園児のママは、ママ友をどこでつくる?

幼稚園や保育園に通っているお子さんのママは、毎日顔を合わせるので、ママ友を作りやすい環境にありますが、未就園児のママはなかなかママ友をつくる機会が少ないですよね。

未就園児のママがママ友をつくるとなると、地域の子育て支援センターや幼稚園や保育園の園庭開放などの場があります。

しかし、いつ来てもいいということは、毎回通うか、約束でもしない限り、前回会ったママさんとなかなか会えないということになります。

未就園児のママがママ友をつくるのが難しい理由はここにありますよね。

逆に言えば、毎回顔を合わせるママとはよほどのことがない限り、お友達になれるのではないでしょうか。

どうやってママ友になる??

これは筆者の体験談ですが、息子が生後8か月頃から地域の支援センターに毎日のように通っていました。

赤ちゃんルームでは、同じくらいの月齢の子たちがたくさん集まっていて、週に何回も顔を合わせるので、自然と仲良くなることができました。

「何ヶ月ですか?」「この前の検診で会いましたね」という会話から始まり、お互いこんなことに悩んでいる、うちはこうしたらよかったというお悩み相談会になることが多かったです。

ここまでは多くのママさんがやっていることだと思いますが、連絡先を聞くとなるとなかなかハードルが高いですよね。

筆者は、話していてこの人とは気が合いそうだなと思ったママさんには、許可をいただいて子どもたちの写真を撮って、送りたいからor送ってほしいから連絡先を交換しませんか?とナンパのような手をつかって連絡先を交換していました(笑)。

その後は、子育て支援センターに行くときは、「明日支援センターに行きます!」と連絡をして行くようになりました。

日時を決めて一緒に行く約束をすると、相手の負担になってしまうかと思ったので、こちらの予定だけ伝え、「もし来られたら来てください」という形でいつも遊んでいました。

幼稚園に入園した今でも、家が近いということもあり、一番よく会うママ友になりました。

もちろん、子育て支援センターでお話をするだけで十分という方もいらっしゃると思います。

せっかくママ友になっても、就園先がバラバラになることもありますし、幼稚園や保育園に入園すれば、もっと楽にママ友をつくることができますので、無理をして未就園児のうちにママ友をつくる必要はありません。

筆者がママ友をつくったのは、その方と気が合ったためで、その方でなければママ友はつくらなかったと思います。

ママ友をつくるときは、友達として付き合っていきたいかという点も考えることも大切なポイントになります。

そうでなければ、人間関係のトラブルで悩んでしまうこともあるので、“ママ友がいないからママ友をつくる”というのは避けた方がよいでしょう。

一緒に公園に行くママ友がいないからといって落ち込むことはありません。

お子さんはお友達がいなくても、ママと遊ぶことが大好きなので、お子さんとの遊びを楽しみましょう。