子育て

幼稚園でループタオルは何枚必要?間違いない選び方のポイント

幼稚園で使用するループタオルは、

洗い換えと予備で大体3~6枚用意している家庭が多いです。

 

各家庭の洗濯の頻度にもよりますが、

目安となる枚数とタオル選びのポイントもご紹介します。

 

これで幼稚園用のループタオルはどんなものを

何枚用意すれば良いか迷わなくなりますよ♪

 

 

ループタオルは何枚必要?

洗い換えと予備で大体3~6枚用意している家庭が多いです。多いケースでは予備含め10枚ほど用意している家庭もあります。

毎日洗濯機を回している家庭であれば、幼稚園に置いておく用も含め、3枚をメインで回しつつ、新品3枚をストックしておくといざというとき慌てずにすみます。

ループタオルは幼稚園で毎日使うもので、毎日使うとよれるのも早いです。どのみち卒園までに何度か買い換えが必要になるので、何枚あっても困りません。

入園のお祝いで何が欲しいかリクエストを聞かれたらループタオル何枚でもあれば助かる、とリクエストするのも良いでしょう。

また、他の子の荷物に混じって結局戻ってこなかった、という時に慌てないように予備は多めに用意しておくと良いでしょう。

ループタオルの選び方のポイント

ループタオルを何枚用意したら良いか、参考になりましたでしょうか。次は選び方のポイントです。

重要なのは、柄被りを避けることです。

幼稚園に通う頃には子供の自我が芽生え、「このキャラクターが良い!」とキャラ付きのループタオルをリクエストされることがあります。

多くの幼稚園児の好きなキャラクターはその時流行っているものなので、他の家庭の子と柄被り、キャラ被りは日常茶飯事です。

そのため、幼稚園の先生も気を使っていますが、間違って他の子が持って帰ってしまったり、他の子のループタオルが紛れていたりということが起こりがちです。

百均や大手子供服メーカーなどで売っている市販キャラクターもののループタオルは被り率がグッと高くなります。

子供がどうしても「これが良い!」と選んだもので上記の様にたくさん出回っているループタオルを使う場合は名前を大きく見える様に工夫してつけましょう。幼稚園の先生方も見分けがつけやすくとても助かるはずです。

手作りする時間の余裕があれば、質の良いタオルと紐を購入して作成してみるもの良いでしょう。好きなキャラクターがあればワッペンをつけてあげると子供も喜びます。

上質なタオルで作ることによって長持ちしますし、他の子のループタオルと被ることなく、見分けもつけやすいです。

まとめ

幼稚園に入園したら、ループタオルとのお付き合いは卒園まで続きます。

何枚あっても決して困ることはないので、予備は多めに用意しておくと良いでしょう。

また、今後もコロナの影響でお店が臨時休業ですぐに手に入らず、家にあるタオルで急遽手作りする、なんてことになる可能性もあります。一度作ってみるといざというときにぱっと作れるので、時間に余裕のある時に試してみてはいかがでしょうか。