子育て

子供の宿題手伝いにイライラしちゃうパパママへ3つのアドバイス

忙しくても、できるだけ子供の宿題を見てあげたい。

なのに、宿題に時間がかかったり、子供が宿題を要領良くできなくて、ついイライラしてしまう。

そんなお悩みのパパ・ママへ、子供の宿題にまつわるイライラが軽減される3つのコツをご紹介します。

 

子供の宿題によるイライラを和らげる3つのコツ

1.時間と心に余裕のある時だけ見る 

親側は子供に宿題を早く終わらせてほしいので、時間がかかったり、簡単な問題でつまずいていたりすると、進まないとついイライラしてしまいますよね。

子供は日中一緒に過ごせないパパ・ママが一緒に宿題を見てもくれることを内心喜んでいるかもしれません。

せっかく親と過ごせる楽しい時間なのに、

「どうしてこんな簡単なものができないの」

「もっと早くやりなさい」

などとガミガミ怒られては、子供の宿題を取り組む意欲に悪影響を与えかねません。

宿題をしているのに怒られるので、やりたくないと思ってしまいます。

宿題は子供関わるツールと捉えて、時間と心に余裕のある時にだけじっくり子供と向き合い、それ以外の時は子供に任せる方がイライラしないコツです。

 

2.自分の子供ということを切り離して考える

他人の子供と違い、自分の子供となると、

「なんでできないの?」

「さっきも言ったでしょ?」

とつい口調が強くなってしまったりしますよね。

 

要領の良い子もいれば、悪い子もいます。

 

自分の子供ということを切り離して考え、

「まだできなくて当たり前」

「取り組んでいるだけ偉い」

と思うことにするとイライラしません。

 

3. 得意分野を伸ばしてあげる

子供は自分の好きなものに対しては驚くほどの集中力や暗記力を見せることがあります。

得意分野のことなら目を輝かせて取り組むでしょうし、親側も子供が生き生きと取り組んでいる姿ならイライラしないでみていられます。

すごいね、と褒められれば更にやる気を出すでしょう。

一つでも得意分野があると、他の教科もつられて伸びやすいです。

全て完璧を目指さなくても、一つでも好きなものや得意分野があれば是非それを伸ばしてあげましょう。

 

まとめ

子供の宿題を見ているとイライラしてしまうパパ、ママさんはたくさんいます。

とはいえ、忙しい中で付きっきりで子供の宿題を見ることは精神的のも時間的に難いですよね。

ちゃんと教えなきゃと思わなくても、一緒に取り組む姿勢を見せるだけでも子供は自分と向き合ってくれていることに満足します。

宿題を通して子供と向き合うことで、子供も安心感を得られるでしょう。