おすすめのモノ

フレーバーストーン ダイヤモンドエディションは油通しした方がいい!火力には注意!

フレーバーストーンアイキャッチ

フレーバーストーン ダイヤモンドエディションの油通し(油ならし)は是非してください。

焦げ付きにくいと評判のフレーバーストーンですが、油通しをした方がより焦げ付きにくくなります。

油通しをするメリット

・料理がおいしくなる
・お手入れが楽になる
・長持ちする

これであなたも油通しをしたフレーバーストーンでもっと料理上手になること間違いなし♪フレーバーストーンを長く愛用できるようになります。

我が家ではフレーバーストーンを買い替えて2世代目ですが、またリピート買いするつもりです。

最初に購入した時は油通しもせず、火力の調整も意識していなかったので早々にダメにしてしまいました。最初の失敗を活かし、最初の「油通し」、料理中の「火力」を意識したら、使い始めて3年経ちましたが全く焦げつき知らずです♪

 

🔻クリックして公式サイトをチェック🔻

 

 

 

フレーバーストーン ダイヤモンドエディションとは

フレーバーストーン ダイヤモンドエディションは、焦げ付きにくいと評判のキッチンアイテムですよね。

一昔前に発売していたフレーバーストーンでも、耐久性が良く主婦の間でもとっても人気があったのですが、その最新モデルということもあって、やっぱり期待してしまいますよね~

楽天市場でも、いろんなキッチン用品が販売されてるのですが、フレーバーストーン ダイヤモンドエディションは、早くもランキング1位になっているほどとっても人気があります。(2018年8月14日現在)

キッチン用品もいろんなメーカーからたくさん発売されてる中でも、これだけ多くの方に注目されてる「フレーバーストーン ダイヤモンドエディション」の秘密をまずはチェックしていきましょう。

フレーバーストーン ダイヤモンドエディションの人気の秘密

まだ発売されたばかりですが、すでに人気商品でで他を圧倒している「フレーバーストーン ダイヤモンドエディション」は、さまざまなメディアでも紹介されてるほどなので、料理好きの人なら使っていなくても、どこかで見たり聞いたりしたことがあるかと思います。

早くもランキング1位になってしまうほどの人気の秘密を見ていきましょう。

取っ手を外せる

フレーバーストーン ダイヤモンドエディションは、取っ手を外すことができるスクエア型をしています。

 

そのため、取っ手を外してそのままオーブン調理をしたり、お皿感覚で食卓に並べたりすることができるので使い勝手がすごくいいんですよね。

 

油なしでも焦げ付きにくい

フレーバーストーンダイヤモンドエディションには、特殊なコーティングの多層構造になってるのでくっつきにくく、さらにダイヤモンド粒子を含んだコーティングも施されているので耐摩耗性もあります。

 

丈夫で長持ちしながらも、油なしで調理することができるというのは、今までのフレーバーストーンと同じく、ヘルシーな料理も楽しむことができそうですよね。

 

着脱式ハンドルでお手入れラクラク

何回も言いますがフレーバーストーン ダイヤモンドエディションは、取っ手を外して調理することもできるし、洗うときも他のお皿と同じような感覚で丸洗いすることができるのが特徴です。

 

しかも、重ねて収納することができるので、キッチンで場所をとらずにスッキリ収納することができます。

 

便利なスクエア型

今までは丸形のフライパンでしたが、こちらはスクエア型になっているので、調理エリアが1.3倍に増えています。

 

そのため、餃子を焼くときも隅まできっちりと並べることができるし、調理時間の時間短縮にも繋がります。

いろんなコンロに使用できる

いくら使い勝手がいいとは言っても、自宅のコンロで使えなかったら意味がありませんよね。

 

なので、フレーバーストーン ダイヤモンドエディションでも使えるコンロのタイプを調べました。

●IH

●ガス

●電気

●セラミック

※フライパン本体のみオーブンもOK

となっています。

 

家庭用コンロなら、ほとんど使うことができるので、引っ越しやリフォームでコンロのタイプが変わってしまっても継続して使うことができそうですよね。

私の使用経験からの注意点として、強火で使い続けるとコーティングが早くダメになるので、火力は中火くらいまでにした方が長持ちします。

 

カラーバリエーションは2色

フレーバーストーン ダイヤモンドエディションのカラー展開は2色です。

 

●レッド

●ダークネイビー

 

この2色から選ぶことができるので、食卓の雰囲気に合わせて選んでも良さそうですよね。

 

ダイヤモンドエディションの重量はそこそこ

フレーバーストーンダイヤモンドエディションの重さについてもチェックしていきましょう。

 

●ディープパン:約785g

●ソテーパン:約715g

●ハンドル:約190g

●ガラス蓋:約580g

●収納マット:約26g

 

そこそこの重さはあるようですね。

 

フレーバーストーン ダイヤモンドエディションの口コミ

ここまでフレーバーストーン ダイヤモンドエディショの特徴を説明してきましたが、とっても使いやすそうな感じですよね。

 

でも、以前には「焦げつく」といった口コミもあったので、今回はどうなのかも気になるし、スクエア型になったことのメリットやデメリットを調べてまとめてみました。

 

では、実際に購入して使った人のリアルな口コミ評判を見ていきましょう。

●思っていたよりも軽くて使いやすいです。

●玉子焼きががキレイにできたり、ささみのソテーも簡単にできるようになったので買って正解でした。

●大きさもほど良く、オーブンレンジにも入るサイズだったので重宝してます。

 

●餃子を焼いていますが、軽く動かすだけで動くので本当にくっつきません。一度にたくさん焼けるので良いです。

 

●油なしで炒め物をしていますが食材がフライパンにくっつかないし、ヘルシー料理になって健康的な料理が作れて満足です。

 

●取っ手を外すことができるのはとても便利です。そのまま食卓で使えばお皿1枚分の洗い物が減るのもうれしいです。

 

●確かに焦げ付きにくいけど、火力次第です。調理する食材によっては少し油を使わないと焦げることもあります

 

●お手入れがとっても楽で、ぬるま湯で洗いふくだけで、次の調理に移ることができます。

 

●オーブンでも使っていますが、焦げ付かずにとても重宝してます。

 

●油をひかなくてもツルツルでこびりつくこともないです。

 

●油通しをしないで使ったら、少し焦げ付きがありました。

 

フレーバーストーンダイヤモンドエディションの口コミを見てみると、中には「焦げた」という人も確かにいましたね。

 

しかし、それ以上に多かったのは、焦げ付きにくく、いろいろな料理が楽しくできるようになったというように満足している口コミがとても多かったです。

 

対応してるコンロも多いので、どんな方でも気軽に使うことができるし、お手入れもしやすいといった特徴も満足度が高い理由になっているのかもしれないですね。

 

フレーバーストーンダイヤモンドエディションは通販での購入が便利!

とっても人気のフレーバーストーンダイヤモンドエディションは、いろいろな通販サイトで買うことができますよね。

 

楽天市場やAmazonなどの有名ショップでも取り扱っているので、値段を比較しながらお得なショップで購入することもできますよ。

 

フレーバーストーンダイヤモンドエディションまとめ

フレーバーストーンダイヤモンドエディションは、焦げ付きにくく丈夫に使うことができるのが特徴の人気のフライパンです。

耐久性もあるから、長く使えるところも経済的でうれしいですよね。

 

また、今回も最初に「油通し」をしておくと良いといった声もあったので、使う前にサッと油通しをしておくようにしましょう。

 

🔻クリックして公式サイトをチェック🔻