子育て

育児中の化粧は毎日する?しない?ママたちの本音、大暴露!

子供を産むまでは当たり前だった毎日の化粧などでさえも育児中はままなりませんよね。

他の育児中のママたちは毎日化粧しているの!?毎日する派、毎日はしない派の声を集めてみました。

どちらも一定数いましたが、以前に比べて変化・工夫はそれぞれありました。

  • 毎日する派 ・・・薄め、簡単なものだけ
  • 毎日しない派・・・マツエクのみ、イベントの時のみ

 

化粧あまりできないという方は、目元が変わるだけでも印象はガラッと変わるので、二重まぶたのクセ付けができるナイトアイボーテは特に試してみる価値はあります!

ナイトアイボーテアイキャッチ
アイプチナイトアイボーテの解約方法は電話のみ!夕方が狙い目アイプチで注目されているナイトアイボーテの解約方法を簡単にまとめました! ナイトアイボーテの定期コースの解約方法は電話のみです。...

 

 

育児中でも綺麗でいたい!?毎日化粧する派の声

  • 「床上げまではずっと家の中だしスッピンだったけど、子供を児童館に連れて行くようになってからはまた毎日してる。BBクリームと眉毛だけ、出かける直前にささっと済ませる。」

 

  • 「働いていた時、毎日していたので、もう習慣になっている。でも、育児始まる前に比べたらゆっくり出来ない分ちょっと薄めかな。」

 

  • 「お化粧してない顔だと、他の人から認識してもらえないのでしている。子供と触れ合うときに気になるから本当はあまりしたくないけど。」

 

  • 「人に会うことはなくても、育児中でも自己満足でお化粧している。今はコロナで急な来客も少なくなったけど、その代わり突然ビデオ通話をすることになったりするから油断できないし。」

 

  • 「育児に忙しくてお化粧する時間があったら、他のことしたいと思うけど、スッピンで出かける勇気がなくて。お化粧する時間を確保するためにスキンケアも洗顔から美容液まで一枚で済むオールインワンのパックをしたり、できるだけ時短アイテムで済ませて、お化粧もごく簡単にしてる」

 

 

毎日化粧する派でも、時間的に育児を始める前と同じようにするのは難しく、簡単に済ませる人が多い印象です。

美容液、日焼け止め、ファンデーションが一本で済むBBクリームを使ったり、オールインワンの美容液を使ってスキンケアを簡素化して時間を捻出したり、世の中のママさんたちが苦労されている様子が伺えます。

出産直後はスキンケアの時間すら確保が難しいくらい、時間に追われますよね。無理にお化粧しなきゃ!と思わず、化粧しない派の声もぜひご参考にしてみてください。

 

 

 

育児中は子供との時間を優先!?毎日化粧はしない派の声

  • 「児童館に行くと綺麗なママさんがたくさんいて引け目を感じるけど、化粧をして落とす手間や時間を考えたら楽だし肌にも優しいし、毎日スッピン。でも目元が寂しいので、まつエクだけはしてる。」

 

  • 「片方の眉毛を描き終わった頃に子供が泣き始めたことがあったり、家事であっという間に出かけなきゃいけない時間になってメイクが中途半端になったりするから、最近は前髪で眉毛隠してほぼ毎日ノーメイクでも外出してる。知り合いに会ってももはや気にしない。」

 

  • 「化粧品の成分の心配せず子供と頬擦りしたり、触れ合いたいから毎日はお化粧はしない。お化粧することがあっても必要な時だけ、オーガニック系の化粧品を使ってする。」

 

  • 「写真撮影のイベントの時はお化粧するけど、普段は時間がないからしない。」

 

  • 「出産で全身ダメージを受けたのか、だんだんお化粧でごまかせなくなってきたのもあって、お肌のためにお化粧するのをやめた。その代わりその時間をスキンケアに当てることに。」

 

本当はお化粧したいけど、時間がなくて出来ない、または他の家事などを優先してつい後回しになってしまうという声も多いです。

出産後、肌が敏感になったり、肌トラブルが生じやすくなり、素肌ケアを重視する人も。

人それぞれに物事の優先順位がありますので、お化粧をしないことによって人に迷惑をかけるということもないので、自分が心地よく過ごせれば無理にお化粧する必要はないですよね。

 

 

育児中だからというより、元から毎日化粧していなかったと言う声も!

  • 「在宅の仕事で、そもそも保育園の送り迎えくらいでしか人に会わないので、結婚式の参列やイベントの時以外お化粧していません。近所のスーパーくらいならお化粧せずに出かけちゃう」

 

  • 「もともと化粧が好きではなかったので、学生時代から就職してからもスッピン。お客様に会わない部署だから許されていたけど、いじられつつもスッピンキャラで乗り切った。」

 

少数ながら、働きつつもスッピンを守り通す強者も。お肌にも優しいですね。

 

 

まとめ

職場ではスッピンはマナー違反と言われ、毎日お化粧をしていた人が大多数だと思います。

出産を経て、お仕事を辞めたり、育休に入って公の場に出たり、人に会う機会がぐっと減ると、お化粧する意味って…?と考えるきっかけになりますよね。

自分のラフスタイルにあった方法でお化粧してみたり、リフレッシュも兼ねてまつエクをしてみたり、思い切ってお肌のためにやめてみるというのも、新たな発見がありそうです。